ソクナイトの効果や入手方法について解説します

ソクナイトの効果について

さまざまな不眠症状で悩む方々の中で、高い評価を得ている睡眠薬といえばソクナイトです。

ソクナイトは2012年に発売された睡眠薬で、さまざまな不眠症状に対して効果を発揮します。

有効成分であるエスゾピクロンの働きによって、緊張や不安を和らげて脳の活動を抑え、寝付きを良くするという特徴があります。

肝心の効き目は若干緩やかで、強い効果で急激に眠りにつくよりも、緩やかに作用して眠りへ誘います。

寝付きに至るまでが自然なので違和感なく眠ることができ、不眠症で悩む方々の間で高い人気を得ています。

また、ソクナイトは数ある睡眠薬の中でも、即効性があるものの一つです。

服用してから速やかに効果が発揮されるので、できるだけ素早く入眠効果を得たい方にはオススメです。

超短時間作用

不眠症は症状によってさまざまな種類があります。

睡眠薬も同じように複数の種類が作られており、悩んでいる症状に合わせて選ぶことで効果的に改善することができます。

そのため、ソクナイトはどのような種類に分類される睡眠薬なのか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

睡眠薬の種類は持続時間によって分けられており、「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」の4種類があります。

持続時間が短いのは超短時間型や短時間型で、中時間型や長時間型は長く体内で効果を発揮してくれます。

このうち、ソクナイトは持続時間が短いため、超短時間型に分類されています。

特に入眠障害に対して高い効果を発揮するので、入眠障害にお悩みの方はソクナイトを試してみてはいかがでしょうか。

効果の持続性

超短時間型の睡眠薬で、速やかな効果を発揮するのがソクナイトの魅力です。

服用してから1時間ほどで血中濃度がピークを迎えるため、速やかに眠りにつくことができます。

しかし、超短時間型や短時間型の睡眠薬は効果が現れるのが早い分、体内に長く残りにくく、すぐに効果が切れてしまうという注意点があります。

ソクナイトも例外ではなく、服用して効果が現れてから短い時間で途切れてしまいます。

そのため、長く眠りたいときにソクナイトを服用した場合、最初はスムーズに眠れたのに途中で効果が切れてしまい、目が覚めてしまうといった事態になってしまいます。

中途覚醒や早朝覚醒といった、起きる時間ではないときに目が覚めてしまうタイプの不眠症にはあまり適していないので、注意しましょう。

半減期について

睡眠薬には、服用してからどれくらいで薬が抜けていくかを示す「半減期」があります。

半減期はその睡眠薬がどれくらいの時間、効果を発揮するのか大体の目安になります。

ソクナイトの半減期は5時間程度になっており、服用して効き目がピークに達してから、大体5時間で血中濃度が半分に下がります。

そのため、ソクナイトは大体5時間の間、効果を発揮する睡眠薬ということになります。

超短時間型の睡眠薬の半減期は、基本的に2時間から4時間です。

ソクナイトは超短時間型の睡眠薬ですが、その中でも半減期が長めに作られています。

しかし、ほかの種類に比べると短い時間なので、翌日に眠気が残ることがなく、すっきりとした目覚めを感じることができます。

超短時間型の睡眠薬で、できるだけ長い時間効果を発揮するものを使いたい方は、ぜひソクナイトを選びましょう。

依存性について

睡眠薬を服用する際、多くの方が不安に感じるのが依存性です。

日本では、睡眠薬といえば依存性がある怖い薬というイメージが根強く残っており、それが原因で睡眠薬を使って不眠症を改善できずにいる方が大勢います。

ソクナイトは効果が高く、即効性もある睡眠薬なので、依存性が高いのではないかと不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

高い効果と即効性を両立させたソクナイトですが、実は依存性が少ないというメリットがあります。

睡眠薬にはさまざまな系統がありますが、ソクナイトは非ベンゾジアゼピン系に分類され、この系統の睡眠薬や依存性が少ないものばかりです。

依存する心配や不安を感じずに、快適な睡眠を得ることができるので、はじめて睡眠薬を使う方にオススメです。

ソクナイトの先発薬であるルネスタはアモバンがベースになっている

ソクナイトの先発薬であるルネスタはアモバンという睡眠薬を改良して作られた睡眠薬です。

アモバンはルネスタと同じように、非ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬で、睡眠に絞って作用する薬です。

耐性がつきにくく、依存性が抑えられているので、不眠症に悩む方々の間で高い評価を得ていました。

即効性があり、眠気の持ち越しも少ないため使いやすいと評判でしたが、独特の苦味があるので、苦味が苦手な方にはあまりオススメできないという面がありました。

このアモバンを改良して作られたのが、ルネスタです。

ルネスタはアモバンの中で、S体という効果がある部分のみを抽出して作られています。

そのため、効果はアモバンとよく似ていますが、副作用は軽減されており、さらに安心して服用できるようになりました。

ルネスタはアモバンの良い部分を引き継ぎつつ、より高い安全性を実現した睡眠薬です。

苦味が少ない

アモバンの副作用として、多くの方が挙げているのが独特の苦味です。

体に吸収されたアモバンの成分が唾液から分泌されるため、服用すると口の中に苦味を感じるという仕組みになっています。

飲んだ翌日の日中まで苦味が続く場合があるので、実際にアモバンを服用したことがある方の中には、苦味の対処で困ってしまった方もいらっしゃることでしょう。

アモバンを改良したルネスタは、この厄介な苦味も軽減されています。

しかし、あくまでも苦味が少なくなったというだけで、苦味そのものが完全になくなったわけではありません。

ルネスタを服用した際も苦味を感じることがあるので、これからルネスタやソクナイトを飲もうとお考えの方は、そのことをしっかり覚えておきましょう。

ソクナイトの入手方法

高い効果と安全性を両立し、アモバン以上に安心して使えるという魅力があるルネスタのジェネリック薬であるソクナイト。

ほかの睡眠薬の中でも、ソクナイトはかなり安心して使うことができる薬なので、実際に服用してみようかと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ソクナイトは睡眠薬の一種なので、病院で処方してもらうのが一般的な入手方法です。

しかし、ほかにも通販を利用して購入する方法もあるので、ソクナイトの入手方法は大きく分けて二つあるといえます。

それぞれの方法にメリットがあるので、どのようなメリットがあるのかを正しく把握したうえで、より利用しやすい方法を選ぶことが大切です。

病院での処方と通販での購入、より自分に適している方法を選んでソクナイトを購入しましょう。

病院処方はできない

ソクナイトは病院で処方してもらうことはできません。

ソクナイトのような海外のジェネリック薬は日本では未承認医薬品であるからです。

ソクナイトの先発薬であるルネスタであれば病院で処方してもらうことができます。

病院でルネスタを処方してもらう場合、心療内科や内科を受診することで処方してもらうことができます。

きちんと診察をしてもらい、症状を相談したうえでルネスタを処方してもらえるので、より安心して服用することができます。

また、医師からルネスタの正しい服用方法や注意点も説明してもらえるので、誤った方法で服用してしまうのではという不安を感じなくて済みます。

薬の量を減らすかどうかも相談しながら調節できるので、より安心感がある方法でルネスタを手に入れたい方にオススメです。

通販サイトで購入する

インターネットにある通販の中には、さまざまな医薬品を取り扱ったサイトがあります。

こういった通販サイトなら、ソクナイトを手軽に購入することができ、忙しい日が続いている方も合間の時間を縫って購入することができます。

診察費が必要になることがありませんし、価格もはるかに安くなるので金銭的な負担を軽くすることにも繋がります。

できるだけお得に購入したいという方は、医薬品を取り扱っている通販を利用することをオススメします。